※これはC95で配布した同人誌の見本となります、C96で改訂版を配布予定です。

Ver1.2
MEMO

日付    版   内容

2019. 1. 1  1.1  ・イメージファイルを転送しPC98を実行 に追記、機能操作の化等

2019. 1. 3  1.2  ・構成の見直し

2019.7.12  見本 ・見本版の編集(C96対応)


Raspberry PiでレトロPC(PC98)を遊ぶ

 

− 目次 −

 

1.      用意するもの ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  3

 

2.      Retoropieとは ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  3

 

3.      Retoropieをダウンロード ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  3

 

4.      SDカードをフォーマット ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  4

 

5.      SDカードにRetoropaiを書き込む ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  5

 

6.      起動セットアップ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  6

 

7.      オプションセットアップ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10

※見本版ではここまでです

8.      PC−98のエミュレータNP2Piをインストール ・・・・・・・・・・・・ 15

 

9.      イメージファイルを転送しPC98を実行 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19

 

10.    PCでNP2を動作させる ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 21

 

11.    フリーソフトをダウンロードして環境構築 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 22

 

12.    付録 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 23

 

13.    PC−98風ケースの組み立て ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 24

 


 

1.用意するもの

ラズベリーパイ本体(LAN、WiFi実装)

SD、マイクロSDカード(8GB以上、クラス10以上推奨)

USBキーボード、USBマウス、(USBジョイパッド)

マイクロUSB電源(ラズベリーパイ3だと容量注意 2.5A以上が必要)

ディスプレイ(HDMI接続)

PC(ここではWindowsPCでSDカード、LANが使えるもの)

インターネット接続LAN、WiFi環境

 

 

2.Retoropieとは

ラズベリーパイでレトロゲーム、レトロPCのエミュレータが起動するカスタマイズされたリナックス

Raspbian)のパッケージソフトです

本家のホームページ

https://retropie.org.uk/

 

 

3.Retoropieのイメージファイルをダウンロード(現在(2018.12)の最新版はバージョン4.4

https://retropie.org.uk/download/

1またはZERO

https://github.com/RetroPie/RetroPie-Setup/releases/download/4.4/retropie-4.4-rpi1_zero.img.gz

2または3用

https://github.com/RetroPie/RetroPie-Setup/releases/download/4.4/retropie-4.4-rpi2_rpi3.img.gz

 

ダウンロードした.gzファイルを解凍ソフトで.imgファイルに展開。

拡張子.imgのイメージ形式ファイルが展開される。


 

4.SDカードをフォーマット

 

SDメモリカードフォーマッター

https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter_4/

 

SDカードにレトロパイのイメージファイルを書き込むとWindowsのフォーマットではフォーマット

できなくなるのでSDカードフォーマッターでフォーマット

 


 

5.SDカードにRetoropieイメージを書き込む

 

IMG形式のファイルの書き込みソフト

Win32 Disk Imager

https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/

Windows10 64bitだと書き込めないとの情報あり?)

 

イメージファイルとデバイスを指定してWrite(書き込み)


6.起動セットアップ

 

機材の用意

ラズベリーパイにSDカード、キーボード、マウス、(ゲームパッド)を挿す
ラズベリーパイとHDMIモニターを繋ぐ(ZEORはミニHDMI端子)
最後にモニターとラズベリーパイの電源端子にケーブル挿して電源入れる
モニターによっては先に電源入れておかないとうまく映らない場合あり


RetroPie
起動
ラズベリーロゴが1個または4個表示されます(コアの数)

最初の起動でSDカードのサイズ調査がされ容量がフルに拡張されます

初めての初回起動では、環境構築の為に時間が掛かります

※ログイン入力を要求されたら ID:”pi” PASSWORD”raspberry”を入力

(最初は自動起動になっていますがアップデート後に要求されることがあります)

 

入力装置の設定

キーボードかジョイパッドを入力装置として設定します。

PC98のみ使用する場合にはジョイパッドは必要ではありませんが、

元々ジョイパッド使用する前提のソフトですのでジョイパッドをオススメします

 

初回起動時の画面

入力設定の要求

標準入力デバイスのボタンを長押しする

ゲームパッド又は、キーボード


設定初回の起動で「CONFIGURE INPUT」画面表示が出たらゲームパッドのボタンを長押し

ボタン割り当て画面が出るのでキーを割り当てる

 

入力キー、ボタン設定画面

順番にキーを割り当てる

ボタンへの割り当て例(自分の好みで割り当てていいです)

機能ボタン

キーボード

ゲームパッド

D-PAD UP

D-PAD DOWN

D-PAD LEFT

D-PAD RIGHT

START

Enter

START

SELECT

TAB

SELECT

A

A

A

B

B

B

X

X

X

Y

Y

Y

LEFT SHOULDER

Pg UP

LEFT BUTTON

RIGHT SHOULDER

Pg Dn

RIGHT BUTTON

HOME

ESC

(割り当てられるボタン)

設定の最後に「OK」が出たらAを押す

割当のない、しないボタンでは、すでに設定済のボタンを押す

※ゲームのエミュレータではSTART SELECT HOME)の同時押しが強制終了となります


 

c0323442_18191089.png

 

設定が終了するとレトロパイ初回起動の画面になります

 

初回の起動画面

使用するボタンは

機能

操作ボタン

選択(初回はなし)

← →

設定画面に入る    

A

メインメニュー    

START

 

A でレトロパイ設定画面に入ります


 

レトロパイ設定画面

 

レトロパイ設定画面

使用するボタンは

機能

操作ボタン

メニュー選択

↓ ↑

実行

A

戻る  

B

メインメニュー    

START

 

これからオプション設定を開始します

 


 

7.オプションセットアップ

 

WiFi設定(有線LAN接続なら必要なし)

レトロパイ設定画面から

 WiFi

を選択し実行

 

 

画面がブルーバックのメニューではボタンが変わります

機能

操作ボタン

メニュー選択

↓ ↑

<YES><NO> <OK><Back> <OK><Exit> <Select><Finish>の選択

← →

実行

A or B Enter


 

最初の設定時には国の選択が必要ですので指定しますか?から

<YES>

RASPBERRY PI CONFIGURATION TOOL RASPI-CONFIG

2 Network Options
N2 WIFI

 

JP JAPAN

 

WiFi接続先を選択
1 Connect to WiFi network


 

接続するネットワークSSIDを選択

パスワードをキーボードから入力
接続が成功すればIPアドレスが表示される

 

IPアドレスを確認するには

SHOW IP

で表示する




SHH設定

 

PCからファイルを転送するためにSHHの有効化

 

Raspberry PiRaspbian)の設定

RASPI-CONFIG

 

インターフェース系のオプション設定

5 Interfacing Option

 


 

SSHをイネーブルにする

P2 SSH Enable/Disable

SSHをイネーブル化します

 

タイムゾーン設定

RASPI-CONFIG」 「4 Localisation Options」 「12 Change Timezone」で

Asia Tokyo を選択

選択(チェック)はスペース、TABで移動して<OK> (日本語表示設定も同じ)

 

日本語表示設定

RASPI-CONFIG」 「4 Localisation Options」 「11 Change Lovale」で以下の三つをチェク

[*]en_GB.UTF-8 UTF-8 

[*]ja_JP.EUC-JP EUC-JP 

[*]ja_JP.UTF-8 UTF-8

 

日本語フォントのダウンロードをコンソールから行う(以下のコマンドを実行)

MAIN MENU」 「QUIT」 「QUIT EMULATIONSTATION」 でコンソールへ

(ターミナルソフト(TERA TERM等)でも実行できます)

 

$ sudo apt-get install fonts-droid-fallback

$ sudo reboot

 


13.PC−98風ケースの組み立て

 

ラズパイ98風ケースを手にとっていただきありがとうございます

これはプラモデルではなくガレージキットだと思ってください

組み立てと仕上げには手間がかかります

Dプリンターで打ち出されたままの状態ですので先ずは3つのパーツに分離利します

 

パーツ名を@フロントパネル、Aボトムケース、Bトップカバーとします

分離したらサポート材を剥がします、金属ブラシを使うと簡単に剥がせます

細かい部分はデザインカッターやヤスリで落としてください

サポート材が剥がれたらバリ取りや穴を揃えます

フロントパネルの接合部分は壊れやすいので注意してください

ラズベリーパイを置いて仮組みをしながら形を整えます

もしパーツに弱い部分(積層が薄い等)があったら接着剤ホットメルト等で補強をします

表面を紙やすりなどで磨いて仕上げます

塗装をする場合には液パテを表面に塗り乾いたら紙やすりで仕上げます

塗装の色はお好みで塗り上げてください

ボトムケースとフロントパネルを組み合わせてからラズベリーパイをネジ(皿2.5x5)で固定します

トップカバーをはめ込んで出来上がりです

サポートページから3DデータSTLファイルをダウンロードできます

ありがとうございました

 

2018年12月30日 コミックマーケット95 サークル:えがら家 サークル主催:egara@twitter


近々にレトロPCや電子工作のオフ会を開きたいと思っています

場所は、秋葉原からTX、銀座線で一本の浅草 浅草寺の裏側 アニメコスプレ&カラオケバー

CAT EAR (キャット イヤ) 男の娘 地下アイドルの「かどくら ひめ」ちゃんのお店ですよ

開催予定:レトロPCセットアップ初心者講習、レトロPCを語る座談オフ会、電子工作のオフ会等

またケースのご要望があればこちらか秋葉原で配布したいと考えています。

詳細決まりましたらTwitter、ホームページでお知らせいたします。

※週一くらいで顔を出しています質問等あればお気軽にお立ち寄りください(Twitter:参照)

 

< Raspberry PiでレトロPC(PC98)を遊ぶ >

 

発行者: えがら / えがら家

発行日: 2018年12月30日 (コミックマーケット95)

印刷所: 近所のセブンイレブンとダイソー

製本: コクヨ パーソナル製本機(セキ-GTS500)

 

お問い合わせ: Twitter @egara

ホームページ: http://egarake.work/